衣替えは[断捨離]のチャンス! 服を手放す5つの基準

朝晩は涼しくなって、すっかり秋らしくなってきました。

衣替えの時期ですね。

もう既に、されてる方もいらっしゃると思いますが、

まだの方は、チャンスです!

そうです、衣替えは、服を「断捨離」するチャンスです。

衣替えは、今シーズンの服と次シーズンの服を

一度にチェックすることができます。

全体を把握することで、「着る服・着ない服」がより明確に分かります。

そうすることで、一気に「断捨離」を進めることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
目次

衣替えとは?いつするの?

・衣替えとは、暑さ寒さの季節の変わり目に衣服を替えること。
・学校などでは、4月1日と10月1日に行われることが多い。
・そして、そのために衣服の収納場所を変更することも指します。

最後の「衣服の収納場所を変更すること」これが大変な作業なのです。

クローゼット・チェスト・衣装ケースなどに、パンパンに収納されている洋服。

わたしは、年2回1日がかりで衣替えをしていました。

クリーニングに出したり、洗濯したりで正確には完了まで、

1週間ほどかかっていたと思います。

その労力・時間・コストは、どれをとっても負担が大きいです。

なぜ負担が大きくなるのか、ズバリそれは服の量の多さです。

服の量を少なくするだけで、半年に1度の衣替えは、
とっても楽なものになると思います。

スポンサーリンク

服を手放す5つの基準

・服を捨てられない人は多いです。
・「服を手放す基準」を決めれば、簡単に断捨離できるかもしれません。
・そこで「手放す5つの基準」をみていきましょう。

 

着なかった服

シーズンを通して、一度も袖を通してない服。

1~3年着てない服。
着ていないのになぜ家の中にあるのか。

「高かったから」「気に入ってるから」「また着るかもしれないから」

手放すのがもったいないから、なんとなく置いている。

経験上、一度着なくなった服は、再度着る可能性が極めて低いです。

思い切って手放してみましょう。

サイズが合わない服

小さくて着られなくなった服は、悩む必要ありませんね。

「痩せたら着る」はいつになるか分かりませんし、
夢のまま終わるかもしれません。

すぐに手放しましょう。

今のサイズ感を重視する。

買った時と袖丈や着丈が長すぎるとか、短すかすぎるとか。

イメージが変わって、似合わなくなってたりもします。

年齢を重ねると「体にフィットし過ぎる服」は、特に注意したいポイントです。

どうかすると、下品に見えます。

一度着てみて、鏡の前でよく見るといいですね。
判断がつかない時は、誰かに見てもらうのもいいです。

シミや汚れがある服

夏服は、紫外線や汗でダメージが大きく出やすいです。

また、半年しまって置いた服も取り出した時に、シミや汚れが
目立つ状態になってる場合もあります。

洗濯しても取れないシミや汚れがある場合は、
思い切って処分しましょう。

顔映りが悪い・肌の色がくすんで見える服

大人の女性は「老けて見える服」は、いらないですね。

せっかくおしゃれしているのに、顔映りが悪く、肌がくすんでみえる服。

色や柄だけでなく、衿の開き加減も重要になってくると思います。

気持ちを上げてくれるはずの服に、足を引っ張られてはいけません。

来年は着たいと思わない服

・トレンド色が強くて、来年はもう着たくない。

・ヘビロテして、首回りや裾や袖が伸びてヨレヨレになっている。

・気に入ってたわけではないけど、少しムリして着ていた。

「来年はもう着ないな」って思う服は、

すぐに手放してしまいましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

労力・時間・コスト負担の大きい「衣替え」

負担を少なくするため、服の量を適量にすることが大事。

「衣替え」は「断捨離」のチャンスでもあります。

手放す5つの基準を再度みてみます。

1.着なかった服
2.サイズが合ってない服
3.シミや汚れがある服
4.顔映りが悪い服、肌の色がくすんで見える服
5.来年は着たいと思わない服

「断捨離」が思った以上に進み、服を劇的に減らすことができたなら、

衣替えで「衣服の収納場所を変更すること」

しなくてよくなる可能性もあります。

クローゼットにオールシーズンの洋服がかかっている。

着たい服だけが、クローゼットにかかっている。

とっても身軽な感じで、ストレスが少なくていいですよ。

もし、よかったらチャレンジしてみてください。

最後まで、読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラカンでもおひとりさまでもズボラでも、いつまでも若々しく元気で小綺麗でいたい。でも、ズボラなのでめんどくさいことは大嫌い。手間をかけずに簡単に美容スキルアップしたいし、楽しく体も動かしたい。
生活もできる限りシンプルで身軽でありたい。そして、いつでも笑っていたい!

コメント

コメントする

目次
閉じる