老後の生活が不安なら”少ないもので暮らす”がおすすめ

老後には、年金以外に2,000万円が必要。

いやいやそんな金額では足りなくて、5,000万円は必要。

などと、いろんな金額が飛び交っています。

「今からそんな貯金できない。」
「年金だけで、生活できないのだろうか。」

不安になってきますよね。

そんな不安を解消できる暮らし方があります。

”少ないもので暮らす”という暮らし方です。

具体的に解説させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
目次

少ないもので暮らすことが、なぜ不安解消につながるのか

それは、生活のコストを下げることができるからです。

住宅ローンを組んでいる場合、60歳~65歳には支払いが終わると思いますが、
賃貸の場合や、持ち家を手放して賃貸暮らしをする場合など。

持ちものが少なければ、小さな家でも住むことができます。
当然ですが小さな家は、家賃が安くなります。
住居費のコストを下げることができます。

家計の中でも、大きな割合を占める住居費のコストを下げることは、
不安解消の第一歩です。

スポンサーリンク

年金だけで生活すことは可能?

ほとんどの方が、老後の生活費として考えている「年金」

どのくらいの受給額になるかご存知でしょうか。

年金の平均受給額
・国民年金
国民年金のみ「平均支給月額は約5万5000円」、納付期間40年間支払い続けた場合
「満額支給月額は約6万5000円」
・厚生年金(国民年金含む)
厚生年金(国民年金含む)「男性の平均支給月額は約16万6000円」
「女性の平均支給月額は約10万3000円」「全体の平均支給月額は約14万7000円」

参照:厚生労働省「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」

上記はあくまでも平均ですので、年収や加入期間、共働きとかでも変わってきます。

*詳細は毎年届く「年金定期便」や日本年金機構の「ねんきんネット」などで確認してみてくださいね。

平均的な年金受給額がわかったら、平均的な老後の生活費も気になりますね。

夫婦二人の場合 老後に必要な平均的な生活費
・平均生活費「約26万1000円」
・必要最低生活費「約22万1000円」
・ゆとりある老後を送るために必要な平均上乗せ額「約14万円」
最低額と合計すると「約36万1000円」

参照:生命保険文化センター「令和元年 生活保障に関する調査<速報版>」

2つの資料をみますと、夫婦共働きで厚生年金加入であれば、

男性平均受給額166,000+女性平均受給額103,000=合計269,000
夫婦二人の平均生活費261,000

共働きなら少し頑張れば、年金だけでも生活していけそうですね。

問題は国民年金のみの場合です。

国民年金(満額支給の場合):65,000×2=130,000
必要最低生活費:221,000
差額:-91,000

-9万1000円さらに満額でなければ、-11万1000円というとても大きな数字になります。
老後になってからの準備では遅いですね。

厚生年金にしても、ゆとりのある生活を送るためには、
14万円不足してきます。

そこで”少ないもので暮らす”という生活をおすすめします。
一年でも早く始めると、不安は解消されていくと思います。

スポンサーリンク

生活コストを下げる重要性

上の項で出てきました、国民年金の場合の夫婦二人で月13万円の生活。

まず、住居にほとんどお金はかけられないと思います。

老後までに住宅ローンの返済を済ましておくとか、格安物件を探すとか、
何らかの対応をとっておく必要がありますね。

住居費を抑えることができたら、後は楽になると思います。

固定費といわれる、住居費・保険代・水道光熱費・スマホ通信費など、
毎月決まって出て行くお金。
毎月のことですから、シビアにコスト削減したいものです。

収入が少なくても、支出も少なければ問題ないわけです。

支出を抑えるために、生活コストを下げることは重要であり、基本です。

スポンサーリンク

少ないもので暮らす

”少ないもので暮らす”

ミニマリスト的な暮らしは、必要最小限のもので暮らしますので、
無駄なものを買わなくなります。

何かを買う時に、しっかり品定めをします。

本当に必要か?
今必要か?
代替えになるものはないか?

ハードルが高くなって、結果無駄なものを買わなくなります。

無駄なものを買わない⇒無駄な支出がなくなる。

節約が自然体で、できるようになります。

節約が習慣化してくる⇒お金が貯まるようになってきます。

スポンサーリンク

最後に

老後の生活が不安……

その不安がどこからきているのか。

・年金はいくらもらえるのだろうか。
・老後の生活費はいくらかかるのだろうか。
・老後いくら貯金が必要なのだろうか。

不安の出所を把握して、不安をひとつひとつ取り除いていきたいですね。

収入が少ない。年金が少ない。

でも支出も少なくすれば、解決の糸口は見つかると思うんです。

今年に入って、世界は大きく変わりました。

今後もっと変化していきそうですよね。

生活様式とか価値観とか根底から変わりそうな予感がします。

先がどうなるのか、予想がつかなくなってきている今だからこそ、
できるだけ生活コストを抑えて暮らす。
必要なものだけで”小さく暮らす”
節約できるものはする。
節約が習慣化してくる。
お金が貯まってくる。

身軽な暮らしを日頃からしていると、

世の中の変化にも、割と柔軟に対応できるような気がします。

できることから、やってみませんか。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラカンでもおひとりさまでもズボラでも、いつまでも若々しく元気で小綺麗でいたい。でも、ズボラなのでめんどくさいことは大嫌い。手間をかけずに簡単に美容スキルアップしたいし、楽しく体も動かしたい。
生活もできる限りシンプルで身軽でありたい。そして、いつでも笑っていたい!

コメント

コメントする

目次
閉じる