【2021年春】50代 少ない服でもおしゃれに着回す4つのコツ

少ない服でもおしゃれに着回す。本当に憧れますね!

洋服で溢れかえるクローゼット、なのに気に入った洋服があまりない。

何を着たらいいかわからない。

洋服も、もうそんなにたくさんいらない。

そんな風に思っている50代の方向けに、【2021年春】50代でも少ない服でもおしゃれに着回すコツをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
目次

少ない服で着回すコツ1:カラーを絞る

ベーシックカラー洋服ラック掛けの画像

 

少ない服でカラーが多いと、着回しがとても難しくなります。

3色~4色くらいがちょうどいいです。

カラーはベーシックな色で絞るのが圧倒的コーディネートしやすい。

 

こなつ
こなつ

好きな色や差し色は、バッグやアクセサリーなどでプラスするといいです!

 

ただ本当に好きな色は、ベーシックカラーでなくても選んでいいと思います。

”ベーシックカラーがいいですよ”とか”この色が似合いますよ”と言われても、好きな色じゃなかったら、買ってまで着ようと思わないですし、買ってもあまり着ませんよね。

洋服を減らすと最終的に好きな洋服、好きな色に落ち着くと思います。

 

《少ない洋服で着回す参考にしたい動画》

こなつ
こなつ

ぜひ参考にしたい、10着で26コーディネート。
シンプルで上品な着回しになっています。

 

少ない服で着回すコツ2:ボトムスを絞る

 

少ない服で着回すには、シンプルなものがいいです。

特にボトムスはシンプルなものがいい、そして素材も綿か綿混、ポリエステルなどオールシーズン着られるものがいいです。

おすすめボトムス

おすすめボトムスのシルエット おすすめする理由
スキニーまではいかない細身のパンツ 何と合わせてもスッキリ見える
ストレートパンツ 細身のパンツよりもエレガンスに見える
長めのスカート 脚を気にしなくてもよくて、上品に見える
ワイドパンツかキュロットスカート 脚のラインがわかりにくい、スカートより動きやすい


以上のうち3点あれば、一年中着回しができると思います。

基本のボトムスを決めたら、トップスが選びやすくなります。

カラーを同じトーンで選んだら、多少デザインものでも十分着回すことができますよ。

 

《ユニクロのパンツ》

綿97%、ポリウレタン3%

ユニクロストレートパンツ

黒の細身のパンツは何とでも合わせられる万能アイテム。

このパンツは裾が切りっぱなしになっているので、カジュアル感と軽さがでます。

足首が出るこれからの季節と相性がいいです。

スキニーパンツでもピタピタになり過ぎないのがいい。

 

 

《ナノユニバースのキュロットスカート》

ポリエステル100%

ナノユニバースキュロットスカート

4年ほど着ているキュロットスカートです。

サイドにプリーツがあり、ポリエステルなので落ち感があってスッキリ見えます。

そしてウエスト後ろがゴムになっていて楽です(笑)

 

《ユニクロのシャイニーギャザースカート》

レーヨン52%,ポリエステル48%

ユニクロシャイニーギャザースカート

白や明るめのボトムは、春になると取り入れたいアイテムです。

ただ汚れも気になります、簡単に洗濯ができる素材のものがいいですよね。

そして、そんなに気を使わなくてもいいプチプラで取り入れるのがおすすめです。

こなつ
こなつ

落ち感のある素材がおすすめ。

ギャザースカートでもボリュームがですぎなくて良いです!

 

【SALE/50%OFF】mjuka 綿ボイルクリンクル加工マキシスカート レイカズン スカート ロングスカート ブラウン イエロー ホワイト【送料無料】

 

おすすめトップス

 

ボトムスが絞れたら、トップスが決めやすくなります。

 

おすすめトップス

おすすめトップスのシルエット おすすめする理由
シンプルなカットソー 単品でもインナーでもコーディネートには必須
デザインもののカットソーやニット トレンドを取り入れやすいアイテム
カーディガン 短いトップスを着た時や、温度調整に使える
トレンチコート、軽めのジャケット はおるだけでおしゃれ度がアップする

 

《ユニクロのVネックロングTシャツ》

ポリエステル100%

ユニクロエアリズムTシャツ

エアリズムの裾がラウンドの後ろが長いTシャツ、春から夏までのヘビロテアイテム。

後ろが長くなっているトップスはお尻が隠れて落ち着きます(笑)

前が短いのでウエストに入れ込んでもゴワゴワしなくて、スッキリコーディネートしやすい。

 

 

《リブVネックカットソー》

綿100%

アンティカのVネックリブ袖ボタンカットソー

シンプルなカットソーだけど、袖口のボタンがポイント。

さりげないデザインが着回しし易くて使えます。

 

《シルク/綿Vネックニット》

シルク79%,綿21%

Vネックシルク混ニット

裾がこれも後ろが長くなっています、そして落ち感があります。

コーディネートがしやすくて、今っぽい感じがだせるのでお気に入りです。

 

《袖ギャザーブラウス》

レーヨン65%,テンセル35%

ギャザーブラウス

袖がギャザーで身頃もボリュームのあるブラウス。

トップスに1~2点デザインものやトレンドものが欲しくなります。

 

《ドレープカーディガン》

綿50%,レーヨン50%

ドレープカーディガン

シンプルなトップスと合わせるとアクセントになりますし、寒い日の必需品。

ちなみにこのカーディガン上下反対にしても着られます。

表裏の2WAYは少しめんどくさいですが、この2WAY簡単にバリエーションがつけられて重宝します。

 

《ロングカーディガン》

レーヨン60%,ポリエステル40%

アンデコールのロングカーデ

ロングカーディガンは、縦長ラインが出せて細くみえるので大好きなアイテムです。

アウターはトレンチコートが断然おしゃれです。みなさん持っていませんか?

私は生活様式が変わって着なくなったので、ロングカーディガンがアウター替わりになっています。

 

【2021年春合計9枚】

このうちボトムス3枚、トップス2枚、カーディガン1枚は夏まで着ることができます。

  • ボトムス3枚
  • トップス4枚
  • カーディガン2枚
 

少ない服でコーディネート

まだ肌寒い春先は、カーディガンなどを羽織ったコーディネート。カーディガンの代わりにトレンチコートなど羽織ったらよりおしゃれに!

50代でも少ない服でおしゃれに着回すコーディネート例①

 

50代でも少ない服でおしゃれに着回すコーディネート例②

 

コットンの生成やベージュの靴やトートバッグにするだけで、春らしくなります。
ブラックでもサンダルや小さめのバッグだと軽さが出ます。
 
 
 
少し暖かくなってきたら、カーディガンやトレンチコートを脱いでより春らしいコーディネートで、首回りはネックレスやスカーフを持ってくると華やかになって、おすすめです!

50代でも少ない服でおしゃれに着回すコーディネート例③

50代でも少ない服でおしゃれに着回すコーディネート例④

 

オフ白や薄いベージュは透けないように注意したいですね。
トップスはブラトップがおすすめ!カラーはベージュや薄いグレーが透けにくいです。
ボトムスのウエストラインが見えないように、ブラトップはボトムスの上に出して着るといいです。

 

 

スポンサーリンク

少ない服で着回すコツ3:差し色・アクセントは小物でする

 

大人のおしゃれは小物使いで決まります。

 

<スカーフ>
スカーフは、色・柄も豊富で値段の幅もあり、ベーシックなカラーやデザインもスカーフで遊ぶことができます。
気になる首のラインも隠せたり、衿開きの大きいニットなどにも使えますし、寒さ対策にもなる万能アイテムです。

50代おしゃれアイテムスカーフ

顔の近くにくるスカーフ。

柄も目立つものが多いので、人さまから一番目にいくところでもあります。

ぜひお気に入りのスカーフ見つけて、コーディネートのアクセントにしてみてください。

 

 

<アクセサリー>
ネックレス、ブレスレット、ピアス、イヤリングなどいろいろ付けたいところですが、つけ過ぎには少し注意が必要ですね。

2種類以上つける場合は、カラーをシルバーかゴールドなど一色にすると統一感がでます。

顔まわりは、キラキラ感とかツヤ感を出すのにアクセサリーは重要アイテムです。

50代おしゃれアイテムピアス

50代おしゃれアイテムネックレス

50代おしゃれアイテムネックレス&イヤリング

 

インパクトのあり過ぎるアクセサリーは、ちょっと抵抗ある方もさりげないネックレスやピアスなら付けられそうですよね。
顔や首回りに少しキラキラするものがあると、華やぎますね。

 

 

<バッグ>
基本カラーは黒だと思うのですが、たとえばショルダーベルトにスタッズがついてると、斜めがけした時にいいアクセントになりますし、ワンポイントでついている金具だけでも、アクセントになります。

面白いデザインやカラーは、プチプラのバッグなどで遊ぶのがおすすめ。

 

白×ベージュのトートバッグ

 

こなつ
こなつ

オフ白やベージュのキャンバストートバッグは、それを持つだけで春らしいコーディネートに!

 

 

<靴>
靴もバッグと同じく基本カラーは黒ですね。おしゃれは靴からというのもあって、靴は少し良いものをおすすめしたいです。

遊ぶなら断然スニーカー。
白やベージュの靴はそれだけで春らしく軽くなって取り入れやすい。

 

50代おしゃれアイテムスニーカー

 

こなつ
こなつ
 
 

白が抵抗ある場合、ベージュでも十分春らしい。

バッグと靴のカラーを合わせると、統一感が出ておしゃれ度がアップします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

少ない服で着回すコツ4:サイズ感に気をつける

50代に入ると痩せているようでも部分的には、太っていたり、若いころとは明らかに肉の付き方が変わってきます。

 

〈トップスの場合〉

  • 太っているのを隠そうとして、大きめの服を着るとより大きく見えます。
  • 痩せている方は細身の服を着ると、より痩せて少しやつれて見えたりもします。

 

〈パンツの場合〉

  • フィットし過ぎると、ヒップにくい込んだり、太ももがパツパツになったり、ゆるすぎるとだらしなく見えたりもします。

 

若さでカバーできてたものが、できなくなる年代でもあります。

大きすぎず、小さすぎず、一番スッキリするサイズ感を探り当てないといけません。

またデザインや素材で、大きめでも、小さめでもスッキリ着こなせるものもあります。

 

<サイズ感の気をつけるポイント>

  • コーデ別に試着して全体をみる。
  • ベルトやアクセサリーもしてみる。
  • バッグを持って、靴も履いてバランスをみる。

シーズンの初めに一通り試着しておくと安心して、着回しできますね。

 

スポンサーリンク

最後に

 

50代の大人の女性が少ない服でおしゃれに着回すコツ

  1. カラーを絞る
  2. ボトムを絞る
  3. 差し色・アクセントは小物でする
  4. サイズ感に気をつける

 

少ない服だからといって、カラーもデザインもベーシックなものばかりだと、楽しくないですよね。

差し色は小物でしたり、デザインで遊んだものやトレンドも、程よく取り入れたい。

 

そして何より好きなものを把握しましょう!

どんな系統のものが好きなのかそれを把握していると、全体にまとめやすくなります。

ベーシックなものが好き、デザインものが好き。
スカートが好き、パンツが好き。
パステル系が好き、モノクロが好き。
エレガンスなものが好き、カジュアルなものが好き。
少ない洋服を着回す場合、好きなもので着回すのが一番いいです!

 

こなつ
こなつ

好きなもの着てる時が一番落ち着きますよね。

女性はいくつになっても、少ない服でも、おしゃれしたいものです。

また上品さも年齢とともに備えていけるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる